株に興味を持ち、始めてみたいと思っている方も具体的に何をすれば始められるかよくわからないという方のために、株を始めるにあたって必要な情報等を提供していきたいと考えています。

アリババの金融は将来的に株式市場へ上場の準備

アリババでは中国で電子商取引を展開している大手企業となっていますが、自社で金融部門も抱えていることも特徴として挙げられます。このアリババの金融部門の子会社では、最近の発表で多くの投資家から3500億円の資金調達を行うことが明らかになっています。今回の資金調達の結果として、出資をした投資家はアリババの金融部門の未公開株を手にすることが可能となります。なお、アリババの金融部門全体としては5兆7000億円程度の価値があると試算されています。大きな時価総額が期待できることから、将来的にはアリババの金融部門は証券取引所に上場する準備を始める可能性があると考えられます。現在のアリババの金融部門では、通信販売における決済分野で業績を大きく伸ばす状況があります。また、金融会社としてローンなどの金融商品を取り扱うことも行われています。このような業務はフィンテックの進歩によって、今後の業務の拡大が期待される分野です。さらに今後においては仮想通貨の導入によって、あらゆることがネットで完結できる時代が来る可能性があります。したがって、今回のアリババの金融部門の資金調達で未公開株を得た投資家は、将来的に金融部門が上場を果たした際には大きなリターンを得る期待があると考えます。また、アリババ本体としては金融部門の上場によって得た資金で、他社に渡っている自社株を買い戻す選択肢も出てくることもなってきます。自社株の大部分を自社で保有することができれば、経営の自由度が高まることが期待できるからです。さらに本業においては中国だけではなく、世界でネット通販と金融という両輪を用いて、業績を継続的に急拡大していくことが可能になってくると考えます。