株に興味を持ち、始めてみたいと思っている方も具体的に何をすれば始められるかよくわからないという方のために、株を始めるにあたって必要な情報等を提供していきたいと考えています。

油研工業の株価が上昇と思っても金を借りる投資は駄目

油研工業は200円から300円の間を推移していましたが、2016年2月中頃からレンジの下抜けをして一段値を下げた状態となってしまっています。
このまま下落トレンド入りしてしまう可能性もある状況ですが、一段値を下げたことで値ごろ感も出てきているため人によっては今が狙い目と捉えることもあるでしょう。

確かに大きく下がった時というのは、リバウンドがあるものですから買い時としては狙い目なのですが、大事なことは投資をするならあくまでも自己資産の範囲で行うことが大切でありお金を借りてまで株の売買をすることは避けるようにしましょう。
お金を借りるにしてもすぐに現金化することが出来ない資産があって、それを担保として借りるというのであればまだリスクは低いものですが、そのような資産もないのに借りてまで投資をするのは非常にリスクのある行為となります。

たくさんのお金があれば確かに利益も大きくなる可能性はありますが、それ以上に損失を出してしまうリスクのほうが高くなってしまいます。
自己資金であっても身の丈に合わない金額を運用すれば、冷静に取引をすることが難しく大きな損失を出してしまいやすい中、お金を借りて株をするというのは十中八九借金だけが残ってしまう結末となります。
理屈としては借金をして発生する金利以上の利回りを出すことができるのであれば、融資を受けたほうが良いということになりますがそれだけのパフォーマンスを出すことができるのであれば、普通に投資をしていても資産を残すことができますからやはり借りてまで株をするというのはどれだけ自信があっても避けたほうが良いといえます。
株はあくまでも余裕のある範囲で、行うことが基本となるのです。